ワンパチで遊ぶ夫婦のパチ日記。
1パチでいず ~「続・為にならない(笑)Jラッシュ2話な件」~
2015-02-28 (土) | 編集 |
しがない、パチリーマンのいかすけです( ̄∇ ̄)

為にならない話の続きです

今回は、ちょっとディープな実践話をいたしましょう( ̄∇ ̄;)

まずは、前回触れた、「アタックモード」の補足です

マイホは、出玉無し当り(小当り含む)をカウントしない為・・・|ω・)チラッ



どの回転数で止まっていても、「高確率」の可能性があります!!

逆を言えば、どの台でも「通常確率」な事もある訳です!!




なので、無作為に台を選べば良いという訳では無いんです

そこで、攻略の為の「自分ルール」を決めました





基本的には、回転数の浅いトコロを狙います

50~70回転止まりぐらいが望ましいですね・・・(//∇//)

最近では、滅多に見かけませんが(爆)

皆さん、考えている事は同じのようです










台選びで、もう一つ重視している事があります

それは、一番新しい履歴で、「何発」出たか?です

復習ですが・・・( ̄∇ ̄)



「へそ振り分け」
14R確変・・・40%(電サポ33or34)
14R通常・・・15%(電サポ33)
4R確変・・・10%(電サポ33)
4R通常・・・10%(電サポ33)




仮に、「Bボーナス」後、即ヤメ台があったとします

確変40%に対して、通常15%ですので、数値的なものだけで言えば・・・|ω・)チラッ

「高確率」状態の可能性が高い訳です

ぢゃあ、「Rボーナス」の場合はどうでしょう?

確変10%に対して、通常も10%なので、判断がしづらいです




なので、いかすけ的な攻め方としては・・・(´ε`)

「Bボーナス」後、即ヤメ台を主にハイエナしている訳です



・・・( ̄∇ ̄;)



下衆の極み(爆)
GESU.jpg










まあ、最初にも書いた通り、どの台でも「高確率or通常」の可能性があるので・・・( 。-_-。)

理論通りにはいきませんけどね・・・( ̄Д ̄;)

それと、連チャンした後だと、読みづらくなるのは確かです

ある日の稼働報告です



「1台目」

21回当り、66回転スタート

109回転、Bボーナス(14R通常)

出サポ内で、Bボーナス(14R通常)

即ヤメ



「2台目」

34回当り、88回転スタート

112回転、Bボーナス(14R確変)

電サポ内で、Rボーナス(4R確変)

電サポ内で、Bボーナス(14R通常)

即ヤメ





右打ちに入ると、「出玉無し確変」の分が加算される為、振り分けが変わります

調子が良ければ、「継続率71%」を引き続ける事も出来ますが・・・(//∇//)

やはり、通常を引いてしまう事が多々あります

連チャンすればする程、読むのは難しくなってきますので・・・( ̄Д ̄;)

そういう台はなるべく打たないようにしています










さて・・・|ω・)チラッ

忘れていけないのが、「セグ」の存在ですが・・・

いかすけは、「複数のサイト」を閲覧しています(`・ω・´)>

残念なことに、「100%」なセグサイトが無い為、最終的には「自己判断」になります( ̄Д ̄;)

多数決で、「通常」であれば、問答無用で即ヤメします

仮に入っていて、誰かにその後、オスイチされたとしても、後悔はしません(´ε`)♪~

確率は、1/199ですので、10回転ぐらいで当る事もある訳ですから・・・( 。-_-。)

気にしていたら、打てません

逆もしかりですので・・・(´ε`)










最後に・・・|ω・)チラッ

毎回思うのですが、自力で当てているのか、運良く「高確率」台を拾い続けているのか・・・(//∇//)



それは自分でも、わかりません(爆)
kai.jpg



半分半分ですかね・・・(苦笑)

一つ言える事は・・・

「入っているかもしれない」という勘を頼りに、台(店)との読み合いをしている

という事になりますね( ̄∇ ̄;)





1K/50程度の台で、毎回、魂をすり減らしてのせめぎ合い(>w<)-333



貴女なら、この台、打ちますか?|ω・)チラッ
makadamia.jpg









次回予告「俺より強いヤツに逢いに行く!!な件」





いかすけのしつこさ爆発・・・
ポチしていただけると嬉しいです♪↓
にほんブログ村 パチンコブログへ

スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: